―増え続けるぜん息患者と新たな救済制度へ―

横浜市に「ぜん息患者医療費助成制度」を求め、各会派と懇談

横浜市に「ぜん息患者医療費助成制度」を求め、各会派と懇談

―PDFはこちら―
(別ウィンドウで開きます)

「横浜市ぜん息患者救済をめざす会」は、8月14日、民進党市議団と8月22日公明党市議団と横浜市に「ぜん息患者医療費助成制度」創設について懇談会をおこないました(自民党にも申入れ、日程調整中)。

ぜん息患者医療費助成制度は
「公衆衛生」「福祉的」「大気汚染対策」の立場で

 川崎市議会では、条例をつくる際に「社会的要因(自動車排ガス等)によって発生した疾病は、社会的救済が必要」とし、「公衆衛生」「福祉的」「大気汚染対策」の立場から2007年制度創設に踏み切りました。

来年度の「予算要望」を検討!

 救済をめざす会は、ぜん息患者の医療費助成制度の必要性を理解していただき、制度を実現していきたいと思っています。