―増え続けるぜん息患者と新たな救済制度へ―

横浜市にぜん息患者医療費救済制度を実現しよう!

横浜市にぜん息患者医療費救済制度を実現しよう!

―PDFはこちら―
(別ウィンドウで開きます)

自動車排出ガスに含まれる
PM2.5が健康被害を引き起こします

 私たち患者は、横浜市が健康に有害であるPM2.5対策を強化し、ぜん息で苦しむ患者に川崎市のような、「成人ぜん息患者医療費助成」制度をつくってほしいと思っています。

横浜市、全国平均の2倍

 横浜市の全市平均は8.27%と全国平均の約2倍強です。