―増え続けるぜん息患者と新たな救済制度へ―

「環境・まちづくり」作文・絵画コンクール受賞作品
(川崎の小学生・中学生が公害問題や環境問題、くらしやすいまちづくりについてどんな考えを
もっているのか表現しています。

お知らせ

横浜市に「ぜん息患者医療費助成制度」を求め、各会派と懇談

横浜市に「ぜん息患者医療費助成制度」を求め、各会派と懇談 ―PDFはこちら―(別ウィンドウで開きます) 「横浜市ぜん息患者救済をめざす会」は、8月14日、民進党市議団と8月22日公明党市議団と横浜市に「ぜん息患者医療費助 […続きを読む]

これまでに東京、名古屋、川崎から国へ『意見書』提出!

これまでに東京、名古屋、川崎から国へ『意見書』提出! ―PDFはこちら―(別ウィンドウで開きます) 川崎市はぜん息発症の原因究明を  8月22日、公明党川崎市議団との懇談会がもたれ、川崎市の独自制度である「成人ぜん息患者 […続きを読む]

「国会通信」を発刊いたしました。

「国会通信」を発刊いたしました。 ―PDFはこちら―(別ウィンドウで開きます) 今度こそ、『ぜん息患者医療費助成制度』の実現を!  ぜん息患者が多数いる状況があり、また、「急激な症状悪化を繰り返し生じさせ」、「生活環境に […続きを読む]

「あおぞら」No,314(2017年8月号)を発行しました。

「あおぞら」No,314(2017年8月号)を発行しました。 ―PDFはこちら―(別ウィンドウで開きます) 秋の運動をみんなの力で成功させよう! 【秋からのたたかいの重点課題】 (ページ1 小タイトル) ・重点は「自動車 […続きを読む]

川崎公害裁判の映画「生きる権利」上映&学習会のお知らせ

川崎公害裁判の映画「生きる権利」上映&学習会のお知らせ ―PDFはこちら―(別ウィンドウで開きます) 県内にぜん息児童が約5万人 求められる「被害者救済制度」  国は1988年に公害健康被害補償制度による新規認定を打ち切 […続きを読む]

情報履歴>>