―増え続けるぜん息患者と新たな救済制度へ―

「環境・まちづくり」作文・絵画コンクール受賞作品
(川崎の小学生・中学生が公害問題や環境問題、くらしやすいまちづくりについてどんな考えを
もっているのか表現しています。

お知らせ

「国会通信 No.16」を発刊いたしました。

「国会通信 No.16」を発刊いたしました。 ―PDFはこちら―(別ウィンドウで開きます) 「制度は、悩み・苦しむ人を救うもの」  第44回全国公害被害者総行動が取り組まれ、原田義昭環境大臣に全国から集められた国民署名を […続きを読む]

原田環境大臣に直接訴え!

原田環境大臣に直接訴え! ―PDFはこちら―(別ウィンドウで開きます) 「制度は、悩み・苦しむ人を救うもの」  第44回全国公害被害者総行動が6月5・6日の2日間にわたって取り組まれました。  5日、原田義昭環境大臣に全 […続きを読む]

「国会通信 No.15」を発刊いたしました。

「国会通信 No.15」を発刊いたしました。 ―PDFはこちら―(別ウィンドウで開きます) 「公害調停」第1回期日決まる  公害調停委員会から第1回調停期日が7月17日(水)の午後2時から、中央合同庁舎第4号会館408号 […続きを読む]

「あおぞら」No,335(2019年5月号)を発行しました。

「あおぞら」No,335(2019年5月号)を発行しました。 ―PDFはこちら―(別ウィンドウで開きます) 第25回フェスタ開催 【安倍政治許さない大スタンディング!】  5月19日(日)、溝の口のペデストリアンデッキで […続きを読む]

国は「ぜん息患者の医療費救済制度」をつくる決断を!

国は「ぜん息患者の医療費救済制度」をつくる決断を! ―PDFはこちら―(別ウィンドウで開きます) 医療費救済制度は、自治体任せであってはならない  全国公害患者の会連合会を先頭に東京、千葉、埼玉、川崎、横浜、名古屋、大阪 […続きを読む]

情報履歴>>