川崎公害病患者と家族の会―増え続けるぜん息患者と新たな救済制度へ―

「環境・まちづくり」作文・絵画コンクール受賞作品

川崎の小学生・中学生が公害問題や環境問題、くらしやすいまちづくりについてどんな考えを
もっているのか表現しています。

お知らせ

成人ぜん息患者医療費助成制度の手続き内容が、変更されました

成人ぜん息患者医療費助成制度の手続き内容が、変更されました。 成人ぜん息医療費助成の申請方法は、>>>こちら をご覧ください。

2020/1/8

8・29 トヨタ前抗議行動

8・29 トヨタ前抗議行動 ―PDFはこちら―(別ウィンドウで開きます) ―国はぜん息患者医療費救済制度を創設せよ!  自動車メーカーは財源拠出をおこなえ―  2月17日、ぜん息で苦しむ未救済患者が国(環境省)と自動車メ […続きを読む]

2019/8/2

安心して治療が受けられる制度を!

安心して治療が受けられる制度を! ―PDFはこちら―(別ウィンドウで開きます)  1988年、国は「公害は終わった」として、鶴見区を含めた全国41の公害指定地域を解除し、新たな被害者の救済の道を閉ざしました。しかし、依然 […続きを読む]

2019/8/2

「あおぞら」No,336(2019年7月号)を発行しました。

「あおぞら」No,336(2019年7月号)を発行しました。 ―PDFはこちら―(別ウィンドウで開きます) 川崎市との検討会開催 【川崎から公害をなくし、住みよい環境を求めて】  7月12日(金)、午後3時から日進町の公 […続きを読む]

2019/8/2

「国会通信 No.16」を発刊いたしました。

「国会通信 No.16」を発刊いたしました。 ―PDFはこちら―(別ウィンドウで開きます) 「制度は、悩み・苦しむ人を救うもの」  第44回全国公害被害者総行動が取り組まれ、原田義昭環境大臣に全国から集められた国民署名を […続きを読む]

2019/6/24

情報履歴>>